OLE on .NET Framework



目次
題目 内容 日付
作成 更新
0 始めに・・・ 今後の方針 2004年06月09日 2004年06月09日
1 IDataObjectの使い道 OLEファイルを簡単に表示します 2004年06月09日 2004年06月10日
1.1 IDataObjectの使い道2 より完全な実装を・・・ 2004年06月10日 2004年06月10日
2 モニカ モニカの使い方を説明します 2004年06月10日 2004年06月12日
3 IOleObjectの役割 IOleObjectの存在理由を説明します 2004年06月12日 2004年06月17日
4 アドバイザリーシンク IAdviseSinkの使い方を説明します 2004年06月16日 2004年06月17日
5 より高度な描画を扱う IViewObjectの使い方を説明します 2004年06月17日 2004年06月17日
6 OLE1時代の編集機能 OLE1と互換の編集機能を説明します 2004年06月23日 2004年06月23日
7 インプレースアクティベーション インプレースアクティベーションを説明します 2004年06月24日 2005年01月06日
8 はまり道 インターフェースの使用上の注意点を説明します 2004年06月25日 2005年01月06日
9 ツールバー(1) ツールバーの表示方法を解説します 2004年06月29日 2005年01月06日
10 ツールバー(2) ツールバーを表示可能な対象を広げます 2004年07月02日 2005年01月06日
11 ツールバー(3) 座標計算を正確に行います 2004年07月03日 2005年01月07日
12 メニュー(1) コンポジットメニューを扱います 2004年07月06日 2005年01月07日
13 メニュー(2) メニューのマージを処理します 2004年07月07日 2005年01月07日
14 IMallocSpy COMのメモリ割り当てを監視します 2004年07月17日 2005年01月07日
15 構造体に関する注意点 構造体を使用する場合の注意点を述べます 2004年07月24日 2005年01月07日
16 はまり道(2) ソースのC#化を行いました 2005年01月19日 2005年01月19日
17 構造化ストレージ(1) 構造化ストレージを解説します 2005年02月08日 2006年06月12日
18 構造化ストレージ(2) 2005年07月26日 2005年07月26日
19 ドキュメント プロパティ サブストレージの扱い方について解説します 2006年06月12日 2006年07月10日
20 アウトプロセスサーバ(1) アウトプロセスサーバについて解説します 2007年01月28日 2007年01月28日
20.1 アウトプロセスサーバ(2) IExternalConnectionについて解説します 2007年05月26日 2007年05月26日
21 埋め込みコンテナ(1) ストレージCLSIDについて解説します 2007年06月05日 2007年06月05日
22 埋め込みコンテナ(2) 埋め込みコンテナで使用するAPIについて解説します 2007年06月08日 2007年06月12日
23 リンクコンテナ(1) 基本的なリンクコンテナについて解説します 2007年06月15日 2007年07月08日
24 IPrint IPrintの使い方を解説します 2007年07月16日 2007年07月16日
25 アクティブスクリプト アクティブスクリプトの使用方法について解説します 2007年07月22日 2007年07月22日
26 IDispatchEx IDispatchExの実装方法について解説します 2007年12月02日 2007年12月02日
27 マルチレベルアンドゥ(1) ActiveXのアンドゥ機能について解説します 2009年03月15日 2009年03月15日
28 マルチレベルアンドゥ(2) マルチレベルアンドゥへの参加方法について解説します 2009年03月15日 2009年03月15日
29 ILockBytes ILockBytesについて解説します 2009年03月15日 2009年03月15日
30 はまり道(3) CLRのFTMについて解説します 2009年04月11日 2011年09月20日


総合トップへ